飼って初めて知ったフィラリアの症状|絶対に用意しておくべき予防薬

フィラリアの症状

犬や猫の感染症の中にフィラリアがあります。
filariaは線形動物門双腺綱旋尾線虫亜綱旋尾線虫目糸状虫上科に属している寄生虫で、犬や猫の心臓や肺動脈に寄生してしまいます。
感染媒体は蚊などの吸血昆虫によって血液と一緒に幼虫なども一緒に感染させてしまうのです。
成虫は線虫類のもっともてきな形状をしており、細く長い糸のような白い姿をしております。
成虫になってから寄生する箇所ですが、リンパ等、血管、皮下組織、眼などになります。
では感染した場合はどのような症状がペットたちに出るのでしょうか?
フィラリアは蚊などの吸血によってペットの体内に入り込みおよそ6か月から7あヶ月ほどで成虫へと成長します。
成虫になってから肺動脈などに寄生をはじめると、より深刻な状態になってしまいます。
感染してすぐはほとんどが無症状のままになっています。症状が出ないことによって感染していることに気づきにくく発見が遅れることがあるのです。
咳が多くでたり、散歩に行きたがらない、階段を避けるようになった、周りから見ても元気がない、あまり餌を食べない、お腹に腹水がたまっているなど様々なことがおきます。
フィラリアは成虫にまで成長してしまうと30cmにも及ぶ長さになるので摘出するためには大掛かりな手術になります。
しかし放置したままの状態だと死に至ることもあるので、早目に処置をしなくてはいけません。
このような緊急の状態になる前に常日頃から予防することが重要なのです。
予防薬は動物病院などで購入することが出来ますが、最近ではインターネットなどで海外から購入する方も増えています。
予防薬の中にはタブレットタイプから、スポットオンタイプなどその子の性格に合わせて選択する必要があります。
味に敏感な子はタブレットタイプだと嫌がる可能性もあるので、肩甲骨あたりにたらすだけスポットオンタイプが適しているかもしれません。
海外から購入するには日本の通販とは違い制約などがありますが、購入方法はいたって簡単です。
しかし輸送となるので時間が大変かかってしまうのです。(10日~14日ほど)予防薬を購入する場合はタイミングを考えて余裕をもって購入するといいかもしれません。

参考サイト:フィラリアの症状と予防薬の詳細はこちら